「税を知れば上手に生きることが出来る」東京都千代田区の税理士事務所 税理士法人 加藤事務所

事務所沿革

1965年(昭和40年)、創業者の加藤三郎が会計事務所を開設して以来、『クライアントの将来は我々の将来でもある』という信念のもと、お客様と共に歩んでまいりました。この思いは、私どもが仕事を進めていく上での基本理念となっております。

若き日の創業者 加藤三郎 (Saburo Kato)

最初の東京オリンピックが開催された昭和39年も押し迫った12月、事務所創設者の加藤三郎は約12年間勤めた三菱銀行(現在の三菱UFJ銀行)を退職し、公認会計士・税理士として新たな道を歩き始めた。開業当初は埼玉県川越市の自宅にあった事務所をその年の5月に、東京千代田区神田岩本町に移転。その後、クライアントの発展とともに事務所も次第に成長し、初めは税務会計業務のみを担当させていただいていたクライアントの中からも次第に監査を受けるような規模となる会社が現れるようになった。このため、監査業務の要請に応えるべく、監査法人の設立許可申請を提出し、昭和55年10月に監査法人の設立が許可された。そのため、公認会計士加藤事務所で行っていた監査業務は『監査法人加藤事務所(現在のSK東京監査法人)』に移管することとなった(この前年に事務所を岩本町からJR神田駅により近い神田須田町へと移転)。平成9年2月に神田須田町から神田鍛冶町へと事務所を移転。平成22年12月、税理士法人加藤事務所を設立し現在に至っている。
創業者略歴
昭和6年 埼玉県川越市 生まれ。
旧制川越中学校、早稲田第一高等学院、早稲田大学商学部を経て、昭和28年三菱銀行(現三菱UFJ銀行)に入行。
昭和40年に公認会計士・税理士として独立、昭和55年 監査法人加藤事務所(現SK東京監査法人)を設立し、監査業務を監査法人へと移管。平成11年監査法人を退任し、税務業務に専念する。平成22年税理士法人加藤事務所を設立し、代表社員に就任、平成26年2月相談役となり、平成28年8月(満84歳)没。

税理士法人 加藤事務所

〒101-0045
東京都千代田区神田鍛冶町三丁目3番地12
神田鍛冶町千歳ビル

TEL03-3256-7441

FAX03-3254-7450